サウナ - 体と心のリラクゼーション

定期的なサウナのセッションは、あなたの体の健康に良いだけでなく、本当にリラックスしてください。 調査の結果、フィンランドの5万人のサウナに数百万人の人々がいることが明らかになりました。 ドイツでも、身体、肌、心にさまざまな健康促進効果があることを誓う人が増えています。

なぜサウナに行く価値があるのですか?

特に寒い時期には、定期的にサウナを用意するのが理にかなっています。 サウナを通して、生物全体と免疫系が強化され、病原性感染にほとんど影響を与えなくなります。

スパ、スパ、ボディケアで裸でリラックスしてリラックスした女性
サウナを訪問する

ますます背中の痛みや緊張に苦しんでいる人には、サウナに行くこともお勧めします。 最良の結果を得るためには、痛みのある患者はほとんどの時間胃の上に横たえ、サウナブランケットからの熱が背中に直接放射されるようにしてください。 これは背中の筋肉だけでなく、魂も和らげます。 しかし、常にここに横たわることは重要ではなく、循環を安定に保つためにその間に座ることも重要です。 リウマチの問題は、定期的なサウナの訪問によっても緩和することができます。

にきびのような特定の皮膚疾患については、毎週のサウナセッションを予定しなければならない。 熱は、皮脂で詰まっている皮膚の毛穴を静かに広げます。 これは治癒プロセスを大幅に高速化します。

サウナは体に与える効果だけでなく、精神的な回復にもおすすめです。 多くの人々は緊張とストレスに苦しんでおり、どちらもサウナに行くことで成功裏に崩壊する可能性があります。 サウナ訪問はまた、睡眠障害にも適しています。発汗は、疲労を早めて眠りに繋がり、早朝には安静になります。

サウナの暖かさは、人全体に非常に良い影響を与えます。 放射熱は体内の皮膚を通過し、身体の体温は3℃まで上昇します。 このプロセスを通して、すべての代謝活動が増え、循環が促進され、身体の防御が自然に強化されます。

最初のサウナ訪問のヒント

•サウナへの各トリップの前に、サウナと急いでマッチしないことに注意することが重要です。 各サウナの訪問には、リラックスして適切に回復するのに十分な時間を計画する必要があります。

•バスタオルとサンダルのみをサウナに連れていかなければなりません。 すべてのジュエリーは熱く燃えて怪我をする可能性があるため、事前に取り除く必要があります。 視覚援助がすぐに霧になるので、眼鏡を外に出してコンタクトレンズに落とす方がよい。

•ほとんどの場合、循環に最適ではないため、サウナで空腹になったり美味しく食べたりするのは避けてください。 同様に、アルコール飲料はサウナのセッション中に酔ってはいけません。

•ホットサウナから出てきた人は、直接スイミングプールに飛んではいけませんが、まず水中でゆっくりと冷やしてから泳いでください。

•平均して体液の1と2リットルは、サウナを取ると失われます。できるだけ早く体に戻す必要があります。 これはまだミネラルウォーターに適しています。

サウナセッションの理想的なシーケンスは何ですか?

サウナに入る前に、汗をかいた体を完全にシャワーで洗い流してください。 その後、サウナの汗が残留水分の影響を受けないように、よく乾燥させます。

スパ、サウナ、ボディケアで裸でリラックスしてリラックスした女性
サウナの満了

初めに、サウナポーターが座るか下に横たわることができる中または最高の銀行のサウナルームにバスタオルを置いてください。 サウナ訪問は、せいぜい2〜3回のサウナ・セッションから成っているはずです。 8と10の間に体温が必要ですが、熱が先に不快に感じる場合は、歩行を先に開始する必要があります。

最初のサウナのセッションの後は、冷たいまたは冷たいシャワーを浴びてから、風呂と20分の水分補給をお勧めします。 寒い雨の中で循環を守るためには、最初に右足の上、脚と腕の上に水を流してから、上から下に向かって左側を続けることをお勧めします。 その後、サウナは12から15分の間再び訪れることができます。

一般的には、寝るよりもサウナに座っておく方が良いです。 その結果、循環がより安定しているだけでなく、毛穴もより良好に開く。 サウナの最初の訪問では、あまり熱くないので、最低のベンチを使うべきです。

サウナは誰に適しているの?

基本的には、発汗は非常に健康です。 サウナは、体の防御を活性化するだけでなく、血流を刺激し、腺の働きを強化するクレンジング熱に似ています。 しかし、いくつかのリスクグループがあり、できるだけサウナ訪問を避けるべきです。

妊娠中の女性では、体重が重いため、サウナを避けるべきです。すぐに倦怠感やめまいにつながります。 また、心臓や循環器系の急性疾患や内臓や血管の炎症では、サウナを行うべきではありません。 同じことが糖尿病患者にも当てはまります。熱があまりにも高いと、血糖値が大幅に低下する可能性があります。

静脈疾患、特に静脈瘤または静脈炎も、排除基準であり、頭部における眼圧又は循環器障害の増加もある。 3歳未満の子供は、血管拡張薬や心臓薬を服用している高齢者以上にサウナに行くべきではありません。

他のすべての人にとって、特に冬の間はサウナで熱を使う価値があります。 後で流体損失を補充することだけが重要です。

スポーツ後のサウナ?

ウェルネス、スパ、サウナ、マッサージのリラクゼーション
スポーツの後のサウナで一緒に

特にプロスポーツ選手は、サウナをスポーツユニットに訪問したことによる肯定的な効果によって誓っています。 しかし、他のすべてのアスリートは体の健康を促進する効果を身につけることができます。

発汗によって、いわゆる廃棄物が筋肉から除去され、筋肉が弛緩し、筋肉痛が回避または軽減される。 軽度の筋肉傷害や緊張がある場合でも、サウナの訪問は役に立ちます。

しかし、30分以上運動した後は休憩を取ってサウナに行き、脈拍が休息期に正常化できるようにすることが重要です。 しかし、スポーツに起因する体液損失を事前にバランスさせることが重要です。

しかし、血圧が高すぎたり低すぎたりすると、最初のサウナ訪問の前に医師に相談してください。

健康なサウナのセッションはいくつですか?

サウナ訪問は、せいぜい2〜3回のサウナ・セッションから成っているはずです。 週にサウナを訪れる頻度に依存します。 経験則として、週に1回のサウナ訪問で3回のサウナセッションが完了したと言えるでしょう。 2回のサウナ訪問の場合は、1週間に2回のサウナ・セッションを行い、毎日のサウナはサウナのみで済むようにしてください。

常に彼の体と彼の幸福に注意を払うことが重要です。 そのようなサウナのセッションがどれくらい持続すべきかは、一般的には言えません。 身体の状態に応じて、10と15の間の滞在をお勧めします。 一般的に、長いと控えめにサウナで短くて暑い滞在する方が良いと言えるでしょう。

サウナとヌード

裸であるかサウナを着ていますか? この質問は多くの人々を占めています。 ドイツでは、多くのサウナ訪問者、特に混合サウナエリアでは不快なので、サウナで裸になるのが一般的です。バスタオルを少し隠すことができます。

ウェルネスとリラクゼーションのためのパラオ​​のツイン
サウナで裸で

タオルは男性の腰の周りに、女性はバスタオルで上半身を包むことが推奨されます。

Saunagängerの何人かは、水着が増加して細菌の形成が始まるという意見があります。 しかし、これは研究では決して証明できませんでした。 パブリックで裸であることを好まない人々、サウナを訪問することを可能にするために、いわゆる「テキスタイルサウナ」または別のサウナルームがあります。 また、フィンランドでは、公的な裸ではなく、常に家族と知り合った人のみがサウナを訪問しているという文化的特​​質があります。

混在したサウナルームでも、独立したサウナルームでも、常に隣に座る腕の長さがあるはずです。 不適切なのは、ギャップに詰め込まれた迷惑なものでもあります。 それが隣に座るもう一つの権利であれば、常に前に尋ねる方が良い。

Fazit

結論として、サウナのセッションでは、体全体と精神に多くの健康促進効果があると言わざるを得ない。 サウナが誇張されていないことを確認することが重要です。 1週間に1回、3回のサウナを利用することをおすすめします。 しかし、既に診断された病気については、最初のサウナ訪問の前に必ず医師の診察を受けるべきです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 ErforderlicheフェルダーシンドMIT * markiert。