母乳育児 赤ちゃん

私は私の赤ちゃんに母乳を与えるべきですか? 多くの妊婦が尋ねる質問。 いくつかは明確なことですが、他の人にとってはそうではありません。 多くの人が「正しい」か、母乳育児のときに探すべきかを疑問視しています。

母乳育児 - 気分の問題

最初の子供はしばしば安全ではありませんが、経験豊富な複数の母親は、2番目または3番目の子供が兄弟姉妹のように突然、母乳育児に関する全く別の希望と反応を伝えると、何度も驚きを経験します。

私は私の赤ん坊を授乳すべきですか?
私は私の赤ちゃんに母乳を与えるべきですか? 情報とヒント

母子との非言語コミュニケーションとしての母乳育児

しかし、母親や助産師の経験では、ストレスや母乳育児計画さえほとんど意味がないことが示されています。 一方では知識がありますが、他方では子供です。

そして、それは問題にちょうどいいです。 彼の嗜好、ニーズ、飢えの気持ち、そして親密さと安全性に対する欲望は、時間の経過とともに授乳の経過とリズムを決定するでしょう。 結局のところ、小さな市民は母乳育児の主人です。

ママが彼女の子供を信頼して、それに関与し、いくつかのスタミナを持っているなら、それは実際には初期の困難を克服する最善の方法です。 これは、どれくらいの期間授乳するべきかという問題にも当てはまります。 繰り返しますが、ルールはありません。ルールはありません。 母親と子供が好きな限り、それは問題ありません。

一方の側の必要性がなくなると、ほとんどの場合、もう一方の側も直感的に直感的に反応して停止する時間になります。 母親と子供のコミュニケーションは、ほぼ独占的に直感と感情に関するものであり、母乳育児には違いはありません。

エネルギーを与える母乳

栄養面でも母乳育児が考慮されている場合、母乳と同等の代替品がないことを強調する必要があります。 取引で提供される代替混合物は、牛、大豆または牝馬の乳に基づいており、可能な限り牛乳を模倣している。 しかし、彼らはそのような構成を持っていません。

これらは、小さな人が必要とする重要な免疫物質を含んでいるだけなので、特に巣の保護のために今年の上半期にはそうです。 これらは主に初乳に含まれており、いわゆる初乳と呼ばれ、出生後最初の日に服用されます。 それは実際の母乳の形成に来る。

これもまた違った構図です。 前乳から母乳への途中で、タンパク質含有量は減少し、脂肪と炭水化物の含有量は増加します。 生産量は需要と供給の比率に依存しますが、需要も変動します。 母乳だけが赤ちゃんのニーズにぴったり合っています。 牛乳には、赤ちゃんにはたんぱく質が多すぎる、またはたんぱく質分子が大きすぎると、腎臓に損傷を与える可能性があります。 したがって、牛乳は生後1年以内に与えてはいけません。 一方、炭水化物と脂肪の含有量は低すぎます。

授乳中の安心感

しかし、栄養上の疑問に加えて、母乳育児はもう一つの重要な仕事を果たします。母親と子供の間の感情的な絆。 特に初めに、新しい環境でママの胃の温かい保護なしに子供が自分の道を見つけて、まだ多くの安全を必要としている場合は、まずはお互いを知る必要があります。 ちょうどその後、母乳育児はこれらの側面を促進するのに役立ちます。

母親が公園で母乳を授乳中
母乳育児は赤ちゃんの安全を与える

授乳中に産む母親と子供の親密で愛情のある絆は、他のものと取り替えにくいものです。 ここで重要なのは、豊かな平和、暖かさ、そして快適さを持つ環境です。

途中でテレビやラジオは走りません。できるだけ電話を切って家事を最初の週に委任してください。 この環境では、どちらも親密さを楽しむことができ、互いに親密な関係を構築することができます。

もちろん、母乳育児にも非常に実用的な側面があります。 適切な組成と温度で、いつでもどこでも、適切に調理され、無菌である。 ボトル、ボトルウォーマー、その他の付属品の輸送は不要です。 これにより、母親の柔軟性が増し、組織的な努力も少なくなります。

結局のところ、新しい小さな人間の子供のために、母乳育児が最適な生活の出発点になるように、自然の知恵を作り出しました。 栄養、情緒、ロジスティック。 もちろん、授乳できない、あるいは授乳したくない女性がいます。 後者も大丈夫です。なぜなら、自分の気持ちに反してはならないからです。 それは両側でうまくいかないでしょう。 しかし、授乳への要望と可能性がある場合、これは人工的な解決策よりも好ましいはずです。

多くの妊娠中の母親は、授乳すべきかどうかを疑問に思っています。 大多数の医師は彼らに明確なイエスを与えるでしょう。

私は本当に母乳で育てるべきですか?

母乳育児は大多数の新しい母親に強く推奨されています。 1867が乳児用食品のためにネスレ社のアンリネスレによって開発されるまで、母乳育児は乳児を養うための唯一の実行可能な選択肢でした。 母親が自分の赤ちゃんを養うことができなかった場合、看護師はその母親のためにその赤ちゃんを養うことがわかった。

母乳育児は赤ちゃんの安全を与える
母乳育児は赤ちゃんの安全を与える

離乳食の導入は歓迎されました。それは、母親が母乳で育てることができなかった乳児にとってより意味のある代替栄養補給食品があったことを意味するためです。

しかし、母乳育児への道のりのどこかで、母乳育児はややバックグラウンドにあり、離乳食は赤ちゃんを授乳するための好ましい方法になりました。 それはどうしたのでしょうか。

離乳食製造業者による効果的なマーケティングキャンペーンだと考える人もいます。 他の人々は、それが職場での母親の採用の増加の結果であり、赤ちゃんの母乳育児を困難にしていると信じています。

幸いなことに、今日の傾向は、ほんの数ヶ月間であっても、母親が自分の赤ちゃんを母乳で育てることです。 私の最初の子供が生まれたとき母乳育児は支えられていました、そして、利点は私によく説明されました、しかし母が公の場で母乳育児することを敢えてしたならまだ多くの不承認がありました。 他の誰も彼女を見ることができなかった私的な場所で母が母乳育児をしているのは大丈夫だと思われただけです。 唯一の可能な方法は、看護する母親がずっと家にいて公に行かないことでしたが、これはかなりばかげています。

母は母乳育児をすることに興奮していない人の一人でした。 彼女がそれを好きではなかった理由は、私が私の家以外のどこかで私の赤ん坊を授乳したとき、彼女がそれを嫌っていたことです。 しかし、私はすべての不承認を無視し、私がしたことをとても嬉しく思います。 私の息子は私の生涯にわたって私を悩ませてきたアレルギーの問題を抱えていませんでした、そして私は母乳育児が彼を保護するのを助けたと思います。 研究によると、アレルギーに対する保護と耐性は母乳育児の多くの利点の1つです。

なぜ母親は赤ちゃんを母乳で育てるべきなのでしょうか。

専門家は少なくとも6ヶ月間の母乳育児を推奨しますが(母乳育児は1年間に理想的です)、ほんの数ヶ月の母乳育児は母親と赤ちゃんに大きな利益をもたらすことができます。 まず、それは赤ちゃんのための完璧な食べ物です、それは自然がそのようにして作ったからです。 これは、赤ちゃんは離乳食よりも母乳の問題がはるかに少ないことを意味します。

母親にとって母乳育児の利点は何ですか?

離乳食よりも安いです。 母乳を生産する母親がより多くのカロリーを燃焼するので、母乳育児は新しい母親が妊娠ポンドを失うのを助けることもできます。 母乳育児は、母親が母乳育児をしている間にオキシトシンが血流中に放出されるため、子宮がより迅速に通常の大きさに戻るのを助けます。

赤ちゃんのための母乳育児の利点は何ですか?

赤ちゃんは離乳食よりも母乳に対してアレルギーがある可能性がはるかに低いです。 さらに、乳児にウイルスやバクテリアに対する免疫を与える初乳は、乳児の誕生後数日間母乳に含まれています。 母乳育児は乳児よりも病気になる可能性が低く、感染症(耳の感染症など)が少なく、ウイルスに感染しにくいことが研究により示されています。 これは、母乳に赤ちゃんを感染や病気から守る抗体が含まれているからです。

高品質で使いやすい搾乳器を使用すると、母親が家を離れているときに母乳を搾乳して保管することができます。